北の風景   

続 「コンデジで撮る樽前ガロー」 

画像はクリックで大きくご覧いただけます。
歳をとるとトレッキング紛いの足場の悪い「滝行」に「デジイチ」と交換レンズ、それに重たい三脚は辛いだけではなく,時に危険も伴なう。
そんな時には画質は二の次にして手軽に楽しむために「コンデジ」が良い。
液晶がバリアングルなので楽な姿勢で撮れるのと、高感度化されISOを上げてもノイズに強いのが良い。
以前からGシリーズ(じーきゅー)を使っていたが、キット師匠のお薦めもあり、じーいちいち(CANON Power Shot G11)に変更した。
実売価格は3万円ちょっとだが花マクロはちょと無理があるとしても風景写真には充分な機能を持っている。
コンデジとは言いながら少し厳ついのとほんのちょっとは重たい。
それでも、胸のポケットに押しこむことは出来る。これからは出番も多くなるだろう。
b0076972_5443658.jpg
b0076972_5444342.jpg
b0076972_5445333.jpg
b0076972_54526.jpg
b0076972_5451778.jpg


樽前ガローとは
樽前山の南側山麓に位置し、河川が渓岸の凝灰岩を浸食し、切り立ったゴルジュ地形を見せる。ほぼ垂直に近い切り立った斜面には、コケが一面に張りついており、緑のカーテンを拡げているような奇観を呈している。コケの種類はエビゴケ、オオホウキゴケなど60種類以上に上る。またヤマセミ、キセキレイなどの野鳥も見られる。ガローとは、切り立った崖という意味。1979年に苫小牧市の自然環境保全地区に指定された。
Wikipediaから


こんな看板が設置されています。
クマにご注意を
・ クマは夕方から早朝にかけて行動しますので、この時間帯には入山しないで下さい。
・ ゴミや空き缶などにクマが寄り付きますので、山に絶対に捨てないで下さい。
・ 入山するときは必ず複数で行動し、仲間と話したり、鈴やラジオを鳴らすなど、人間が近くにいることを知らせて下さい。
・ クマに出会ったときは大声を出したり、走って逃げたり、石を投げたりするとクマが興奮しますので、あわてず静かに立ち去って下さい。
・ クマが近づいてきたら、クマと視線を合わせたまま静かに後退して下さい。持ち物を置いて、クマの注意を引き、時間を稼いで下さい。
・ クマを見たり、足跡やフンを発見した場合は、至急最寄りの警察署か役場に通報して下さい。

ブログ村ランキングに参加しています。 よろしければポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
Exifデーターは残してあります。



じーいちいちはワンタッチでマクロモードに切り替えられるのは便利。
最短が1Cmだからかなりの「ドマクロ」にはなるが、ある程度の背景の「ボケ」を期待するなら「テレマクロ」でと云う事かな?
G11のマクロモードではテレ側の開放F値はF4.5ですからね。1眼レフ換算にすると、F9程度ですよね。
ですからきれいなボケを期待するのは所詮は無理ですが、「この程度」には撮れますよ。
今朝、わが家で咲いたバラ。
b0076972_10373027.jpg

b0076972_10375966.jpg

CANON Power Shot G11
SILKYPIX Developer Studio Pro 4.1.31

by gandeji2 | 2010-06-28 05:54 |