北の風景   

春を待つ。

この時期、北海道の農家は「春よ 早く来い」と融雪剤を散布する。
自然に優しいのは「籾殻薫炭」だがなにせ価格が高い。
道路に撒くのは「エンカル」だが畑に撒くのはチッソ、リン酸、カリウムを配合した窒素系肥料。
黒い色が太陽熱を吸収し、雪解けを促す。

写真は入院中のため在庫から。
パレットの丘
b0076972_91504.jpg

東千歳 社台ファーム
b0076972_9151546.jpg


イスラエルの詩人 ShirleyKafumanの詩 「春を待つ」より

あの時 教えられた
死と破壊しか見えない世界
しかし、サイクル、リサイクルする
破壊は創造を生み出す
生き残った者は創造と美に目を向けなければならない。

by gandeji2 | 2011-03-23 09:17 | 東千歳