北の風景   

秘境 丸山樹海

支笏湖の真東にあるモラップ山のふもとから苫小牧で36号線と合流するのが国道276号線。
樹木の生い茂る感動的な直線道路である。
数年前の在職時、苫小牧に店舗を開設した際には、この道路を使って毎日札幌から通勤したものである。

この道路の西は樽前山麓から苫小牧の錦岡に至る広大な樹海である。
しかし、樹海の中は、平成16年の9月7日に北海道を襲った台風18号のため、森林は壊滅状態になっているのが実態である。
特に根の浅い「トドマツ」「エゾマツ」の被害は甚大である。
あちこちに、こんな光景が見られる。
b0076972_15465345.jpg

そのため望楼「丸山遠見」へのアクセスも制限がある。
基本的には森林管理署の許可を得て入林することになっており、この入り口以外の道にはゲートが設置され、施錠されているため、帰り道を間違うと一般道路へ戻れなくなるので注意が必要。
b0076972_1534552.jpg

熊は北海道であるから、いつでも遭遇の可能性はある。音の出るもの用意しよう。
他に、エゾシカ、エゾリスだけでなく、最近問題のアライグマに遭遇するチャンスもある。
b0076972_15424410.jpg

このゲートからおよそ1Kmで最初の分岐点。
右折で「望楼」。
直進5Kmで口無沼に至る。
b0076972_16553193.jpg

この「丸山遠見望楼」は標高321mに高さ13mの展望台となっている。
前回は霧の中であったが、今日は快晴に恵まれた。
b0076972_1550893.jpg


標高321mに高さ13mの火の見櫓。
360℃が見渡せる。
南西の方向には、樽前山や風不死岳が見える。
b0076972_16353682.jpg


北西方向には、モラップ山越しに「恵庭岳」が見られる。
b0076972_1643332.jpg


更に北東や南東方向には、千歳や苫小牧の市街地までが見渡せる。
b0076972_16505188.jpg

b0076972_16511161.jpg

by gandeji2 | 2006-08-27 16:57 | 北の自然 支笏 樽前