北の風景   

一斉排雪

札幌市にはパートナーシップ排雪と言う制度がある。
住民と札幌市が費用を持ち合い、生活道路に堆積した雪を、シーズンに1回、大型重機を使って排雪する制度である。
住民側の持分は1世帯年間3,000円で町内会費と一緒に支払う。

ところが、NHKの受信料同様に、何にかとイチャモンを付けて支払わない世帯が町内に必ず何軒かはある。
だからといって、その家の前だけ残すわけにはいかないのだが。

まあぁ、いい神経をしているとしか言いようが無い。
そういう家に限って、庭の雪まで出してくる(禁じられているのだが)
b0076972_12151247.jpg

道路の中心の圧雪は削って、端に寄せる。
b0076972_12165510.jpg

路側に積まれた雪はパワーショベルで塀や法面から引き出される。
b0076972_12185491.jpg

ロータリー車がダンプに積み込む。
1台が満載になるのに5分とはかからない。
b0076972_1222778.jpg

最後の仕上げ。
これ以上削るとアスファルトを傷付ける。
b0076972_12235733.jpg


これで、今年大雪が降らなければ万々歳だ。
ところがどっこい。
そうは行かない。
これが終わったのが、9日金曜日。
今日11日には早速10センチは降ってくれた。
by gandeji2 | 2007-02-11 12:29 | 北の冬