北の風景   

渡りの中継地 ウトナイ湖

ウトナイ湖。
水深はわずか60cm。
ハクチョウ、ガン、カモの渡りの中継地。
日本で4番目のラムサール条約の登録湿地である。

国道36号線に面した、環境省と苫小牧市が共同運営する「鳥獣保護センター」近く。
b0076972_16554599.jpg


こちらは「日本野鳥の会」が運営する「ウトナイ湖サンクチュアリ ネイチャーセンター」
国道からは通称「アオサギ通り」を林の中へと進む。
b0076972_1716717.jpg


b0076972_17163215.jpg


ハンノキ、ミズナラの林を抜ける「キタキツネの小道」「イソシギの小道」等の散策路。
b0076972_1720530.jpg


葉を落とした木々の間に「ツルウメモドキ」の赤が一際目立つ。
b0076972_17213580.jpg


b0076972_17215914.jpg


北国の夕暮れは早い。
PM3:30
苫東工業団地方向を望む。
b0076972_1725624.jpg


いずれもCANON PowerShot G9
by gandeji2 | 2007-11-10 17:27 | 北の冬