北の風景   

栄華の跡 小樽 高島

画像をクリックしてください
「忍路(オショロ) 高島及びもないが、せめて歌棄(ウタスツ) 磯谷まで」
ご存知「江差追分」の一節である。

オショロや高島までついて行きたいとは申しませんが、せめて「ウタスツや磯谷」(積丹半島のすぐ傍)まではご一緒したいと云う女心を歌ったものと言われている。
その高島漁港は祝津の水族館があるところ。
この季節も観光客の溢れる小樽運河から僅か車で10分の距離だが、殆ど訪れる人もいない。
b0076972_18574559.jpg


水族館に隣接する小樽灯台も冬季閉鎖され、近づくことは出来ない。
b0076972_1921284.jpg


ニシン漁で栄えた高島漁港の倉庫。
関係者以外立入禁止の看板がむなしい。
b0076972_1973759.jpg


今は使われることもなく、倉庫の天井に眠る「ボンデン」
b0076972_1992263.jpg


使われなくなった漁具がわびしい。
b0076972_19105414.jpg


小樽観光の際にはタクシーで10分。
祝津のニシン御殿又は高島漁港をぜひおたずね下さい。

CANON EOS 30D
ブログ村 風景写真
by gandeji2 | 2007-11-27 19:14 | 北の冬