北の風景   

<   2007年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

春が顔を出した。

お散歩ネットの本州のお友達からは桜、菜の花、チューリップと花の便りが届く。

ここは北国、日陰にはまだ雪が残る。
北側に面したお向かいのお宅。
b0076972_17432437.jpg


でも、春はそこまで。
チューリップが芽を出した。
わが家の玄関横の花壇に芽を出したチューリップ。
b0076972_1745233.jpg

by gandeji2 | 2007-03-31 17:46 | 北の冬

洋蘭

数年前までわが家のサンルームには百数十鉢の洋蘭が占拠していた。
健康を害して、ほとんどを手放したが、今はリビングの出窓に数鉢が残っている。

今は原種胡蝶蘭」「アマビリス」とカトレアの仲間であるイワナガラ属、「アップル ブロッサム」が咲いている。


胡蝶蘭は高温多湿を好み、北海道では温室がないと管理は難しいが、原種は比較的低温にも耐えるため、毎年開花する。1度咲くと二ヶ月は咲き続けてくれる。
原種「アマビリス」には派手さは無いが、やや小ぶりな花を長期間楽しませてくれる。
b0076972_11425455.jpg


イワナガラ アップルブロッサムは少し難しいが、カトレア、レリア、ダイアクリウム、ブラサボラと言う4種を交配したもので、管理はカトレアに準ずればよい。
うっすらと「リンゴ」の香りがする。
カトレアのような豪華さは無いが清楚で上品な花。
b0076972_11575377.jpg

こちらは、開花は10日前後。

数は多くは無いが、開花のつどご覧に入れましょう。

長い間、放置していたHP「谷おじさんの洋蘭教室」をメンテナンス中です。
ただいま工事中ではありますが、右上のメモ帳より入れます。
by gandeji2 | 2007-03-31 12:00

千歳線 長都駅

一つポロサッポロ寄りの駅が「サッポロビール」の工場、庭園へのアクセス駅であるが、ここ「長都駅」はキリンビール千歳工場とキリンビアパーク千歳の最寄駅。
駅舎はキリンビールが費用を出してリニューアルしている(1989年)

キリンビール千歳工場
b0076972_19444638.jpg


キリンビアパークは工場にレストランとトロピカルフルーツや洋蘭が見られるトロピカルドームがある。
キリンビールには「ペチュニア」の改良種「キリンウェーブ」を開発、販売する「キリン アグリバイオ」があり、春の園芸シーズンにはここでも苗の販売が行われる。

トロピカルドーム
b0076972_1953483.jpg


駅舎は西口、東口がガラス張りの跨線橋で結ばれ、2面2線の相対式ホーム。
東口
b0076972_19545525.jpg


西口
b0076972_19553976.jpg


跨線橋通路
b0076972_19563757.jpg


簡易自動改札機と簡易自動券売機を設置している。
b0076972_2024664.jpg



ここは、工業団地でもあり、大型スーパー、(IY)や道立千歳北陽高校もあり、乗降客は1,000名は下らないようだ。
b0076972_19575851.jpg


道内最重要路線
JR北海道貨物の専用車「レッドベアー」も頻繁に通る。
b0076972_19594598.jpg

by gandeji2 | 2007-03-27 20:04 | 鉄道

千歳線 サッポロビール庭園駅

最近新聞の経済欄を賑わしたサッポロビールの恵庭工場に隣接する、企業名が付いたJRの珍しい駅。
b0076972_1941658.jpg

「サッポロビール庭園駅」

駅舎と言うより、跨線橋と風除室だけの駅。日中の乗降客は数名程度と思われる。
b0076972_19413733.jpg

b0076972_1942948.jpg

2面4線だがホームはきわめて狭いにも関わらず、北海道最重要路線である為、超過密ダイヤで高速で通過する列車が多く、撮影は注意が必要。
b0076972_19423664.jpg

駅周辺は幾つかの工場が点在する他は牧場や飼料作物を栽培する農家が多い。
b0076972_19425965.jpg

by gandeji2 | 2007-03-26 19:44 | 鉄道

丘珠空港

北海道を代表する農産物の一つに玉葱があるが、その代表的な産地は北見地区と札幌である。
札幌、東区の丘珠地区は北海道が誇るF1(一代交配)の札幌黄の大産地であったが、周辺の都市化と後継者難で作付け面積は減少の一途である。
b0076972_1318131.jpg

丘珠空港は平坦な玉葱畑に軍部が目を付けて、当時の公示価格の3倍で、250ヘクタールを購入して造成したと「東区史」に書かれている。

百合が原公園からの帰りに、この空港のレストランで食事をすることが多い。
空港内にレストランは何処でも価格が高く、普段の昼食にはいささか不向きではあるが、ここのレストランは「ラーメン」が788円だから比較的リーズナブルと言える。
その上、駐車場は無料でいつでも駐車できる。
b0076972_13193194.jpg


現在は自衛隊と民間の共同使用。
札幌の都心に極めて近く、便利なのだが、石狩湾に近い為、冬は雪による使用不能が多い。
b0076972_13205833.jpg

b0076972_13213545.jpg

1日の便数は出発、到着ともにおよそ20便。
ANA(エアーニッポンネットワーク)とHAC(北海道エアーシステム)の2社の運行である。
b0076972_13243957.jpg


滑走路は1,500mしかない為、プロペラ機しか飛べず、2006年に全ての路線からYS-11が撤退してからは、ボンバルディア機が就航している。
b0076972_13251537.jpg

最近、何かとトラブルの多いことで話題の飛行機である。
b0076972_13274224.jpg

新千歳の観覧デッキは冬季は閉鎖され、空港の写真は3階の飲食街の窓から撮るか、一部マニアだけが知る特別な撮影ポイントへ行かなければならないが、ここ丘珠の観覧デッキは1年中開放されている。
b0076972_1329820.jpg

日暮れ時には栄町方面のビルの明かりを背景にランディングする光景を撮れる。
by gandeji2 | 2007-03-24 13:35 | 北の空港

千歳線 無人駅 植苗

日本で最初に日本野鳥の会によってバードサンクチュアリに指定され、日本で4番目のラムサール条約登録湿地帯であるウトナイ湖に直近のJRの駅であるが、徒歩ではウトナイ湖にはアクセス出来ない。
b0076972_12122511.jpg


駅前に営業しているのかいないのか、よくわからない商店が1軒と僅かな農家が点在している。
b0076972_12525626.jpg


ちなみに、アイヌ語でウエナエ(ウエンナイ)は悪い川と言うことらしい。
勇払原野のはずれではあるが、肥沃な大地とは云い難い。
勇払川の量岸は葦原である。
明治10年頃に、開拓使によって鹿肉の缶詰工場が作られたことがあるらしい。
もちろん、今は無い。
b0076972_131177.jpg


こんな駅だが、3両編成の近郊型列車は1時間に1本は停車する。
朝夕には、札幌や苫小牧方面に通学する高校生が利用するらしい。
親がマイカーで送り迎えをするようだ。
b0076972_1353250.jpg


一つ先の沼ノ端で日高本線、函館本線とが分岐する。
信号待ちの貨物コンテナー
b0076972_13113853.jpg

by gandeji2 | 2007-03-23 13:14 | 鉄道

千歳線 上野幌駅

わが家から最も近いJRの駅。
札幌市と北広島市の境にあり、周辺には日本大学付属高等学校、中学校があり、最近までは雪印のアイスホッケー部の練習場もあったが、雪印の食品事故でホッケー部が解散し、練習場は閉鎖され、雪印種苗の本社が移転してきた。

比較的乗降客は多く、自動改札機、自動券売機は設置されている。
b0076972_207537.jpg


この路線は南千歳で分岐して新千歳空港までの快速エアポートが通るため、2,3分毎に列車が通る。

b0076972_20125428.jpg

b0076972_20133411.jpg


北広島方向へ1Kmほどの地点のコンクリート橋。
b0076972_20155232.jpg

最近発売された「北海道鉄道撮影地ガイド」なる書籍に紹介されている。
by gandeji2 | 2007-03-22 20:21 | 鉄道

千歳線 無人駅 美々

美々駅は新千歳空港と同じ字(千歳市美々)にあるが、直線距離で、その間は約3Km.
新千歳空港の乗降客が1日平均19,000人であるのに対し、美々駅の乗降客は1日3名である。

この駅で、降車すると車掌にここには何もありません。間違えではありませんかととがめられるらしい。
徒歩5分のところに古代人のゴミ処理場であった美々貝塚と現代のゴミリサイクルセンターがある以外は周辺には何も無い。

しかし、ここはかって、信号所であったので、退避線もあり、ここを走る列車は道内最多でもあるので多様な列車を撮ることが出来る

美々駅
b0076972_14463585.jpg


札幌方面を見る
b0076972_14493662.jpg


苫小牧方面
b0076972_14502912.jpg


札幌駅を14:05に発車したトワイライトエクスプレスが通過した。
札幌駅から函館の五稜郭r駅までを牽引するのはお馴染みのDD51だがこの区間を走るDD51は寒冷地仕様のため本州を走るのとはかなり異なる。
窓は船舶と同じ旋回窓、ブレーキ系統も雪の為の対策がされている。
この車両はDD51の後ろに続く番号が1138.重連運転用であるらしい。
b0076972_14594479.jpg


後追いではあるが、憧れのAスイートである。
b0076972_1545057.jpg


明日の12:53には大阪駅に到着する
by gandeji2 | 2007-03-21 15:17 | 鉄道

新千歳 19Rエンド

新千歳空港の撮影ポイントとして、よく知られているRWY 19Rエンド。
国道36号線に面しており、フェンス際まで舗装されていて、アクセスもきわめて楽な楽なポイント。

ここは通常は着陸地点を撮るのに良いのだが、原則、飛行機は向かい風で離着陸するので風の向きにより、時としてランウエイ、チェンジが行われる。

今日はコノポイントからは着陸は1機も見られなかった。


いつもとは逆方向に離陸する。
b0076972_20201527.jpg


エアバンドレシーバーを聞いていると(聞くだけなら問題は無い)ランウエイの変更はあらかじめ知ることが出来るのだが、当然英語であるのと、独特の英語で理解はきわめて難しい。
まして、おっさんは補聴器着用の難聴者である。理解するのは至難の技。

まず、アルファベットはフォネティックアルファベットである。
Aはアルファー、Bはベーター、Cはチャーリーと発音する。
さらに0はジロー、9はナイナと発音している。結果的に役くには立たない。

ここは「生コンポイント」と呼ばれる地点。
夕暮れ時には支笏湖周辺の恵庭岳、樽前山を真っ赤に染めて飛び立つ姿を撮れる所。
b0076972_20312792.jpg


残念ながら、今日は夕焼けにはなりそうも無い。
AIR DOもすっかり道民の足、否翼として定着したようだ。
b0076972_204104.jpg

by gandeji2 | 2007-03-20 20:46 | 北の空港

流し撮り

いわゆる「鉄ちゃん」ではないので、列車の型式にはあまり興味は無い。
写真を撮る上で知っていれば良いという程度である。
列車が被写体と言うより、列車を含む状景を撮れればと思うが、何しろ100Km以上で走る被写体である。

まずは流し撮りと思い撮っては見たものの、見事に傾斜してしまった。
「お散歩ネット」ではトリミングと水平修正はご法度。
キット師匠には内緒で修正。
さらに修行を積まなくては。

b0076972_20591727.jpg


この車はJR北海道貨物(株)が所有するFD-200型電気式ジーゼル車。
鉄ちゃん達に人気のあるDD51ディーゼルの後釜。
エンジンはメルセデスベンツ製である。

千歳線 北広島 島松間。
by gandeji2 | 2007-03-19 21:05 | 鉄道