北の風景   

<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

モノクロではありません。

画像はクリックで大きくご覧いただけます(^_^)v
支笏湖からの国道276号線を合併で伊達市になった旧大滝町で冬期間は通行止めの国道86号線を左折して1Kmも進むと「三階の滝」に出る。
下流は北湯沢温泉近くで長流川に合流し噴火湾に流れる。

例年はしっかりと凍結するのだが暖冬の今年は氷柱の状態が迫力を欠く。
一見、モノクロに見えるが、これが冬の北海道の「彩」でもある。

b0076972_9564592.jpg

地図
by gandeji2 | 2009-01-31 09:57 |

還って来たアカゲラ君。

画像はクリックで大きくご覧いただけます(^_^)v
芝生広場の餌場に設置されていた脂身の函が何者かによって持ち去られたが、再度設置され、アカゲレ、コゲラ、ヤマゲラにも容易に出会えるようになった。
北海道野鳥図鑑によれば観察難易度は★(ひとつ★)でごく普通に観察できるとなっているが、実際に先日近所のお宅のリビングの窓のガラスに激突して、脳震盪を起こしたアカゲラがいた。
わが家で預かり、暫らくしたら回復し飛立っていった。

b0076972_9181451.jpg

僅かだが禁断のトリミングをしています。
by gandeji2 | 2009-01-30 09:21 | 鳥達

湖畔の野営場から。

画像はクリックで大きくご覧いただけます
支笏湖から北湯沢温泉や、洞爺湖方面に抜けるR276を温泉街から湖の南側に廻ると風不死岳の麓にあるのがモラップ野営場。
夏にはちびっ子達の歓声が絶えないが、この時期、人影を見る事は無い。

対岸はは恵庭岳。
登山者には人気のある高い山ではあるが、急坂が多く、ロープ場もあってカメラマンが気軽に登れる山ではない。
活火山でもあり、山頂付近は崩落が激しく、現在は立入り禁止

b0076972_938263.jpg

b0076972_9384532.jpg

by gandeji2 | 2009-01-29 09:38 | 北の旅

近くてごめんなさい。

画像はクリックで大きくご覧いただけます(^_^)v
道東の丹頂や流氷、ニセコや美瑛の雪景色は北海道を代表する冬景色。
でも、「おっさん」にはやや遠い。アイスバーンの道を一人で出かけるにはちょっと億劫である。

どこであれ、雪が覆えば大同小異。そんな訳で、比較的近くばかりを撮っている。 

R337を千歳から長沼に向う(逆でもいっこうに構わないが)途中のよく知られたアイスクリーム屋(冬期休業中)の庭から石狩平野方向を撮ったが、雪が深く奥まで入れず、石狩平野は写っていない。

b0076972_954375.jpg

地図
by gandeji2 | 2009-01-28 09:55 | 北の冬

双子の木。

画像はクリックで大きくご覧いただけます(^_^)v
双子の木はニセコ、東山の羊蹄山を背景にしたサクランボの木が良く知られ、絵葉書にもなっている。
しかし、齢のせいもあってか、冬の雪道をニセコまで行くのは少々億劫である。
こちらは、近くの東千歳。およそ40分も走れば良い。
数年前までは牧場であったが今はパークゴルフ場。
従って、夏場はプレヤーやら標識やらが目立ち「絵」にはならない。
午前中が順光であるが、日没時が良い。
b0076972_9295970.jpg

地図
by gandeji2 | 2009-01-27 09:32 | 東千歳

雪の下、 流れる小川

ここにフキノトウが顔を出すのは何時だろう?
b0076972_12245221.jpg

何の足跡? 野犬、キツネ、うさぎ、エゾシカ?
ここには「ヒグマ」はいないのは確かだが。
b0076972_12271757.jpg

札幌市 清田区
by gandeji2 | 2009-01-24 12:30 | 北の冬

誰も居ない「支笏湖」

ドカ雪の後始末の疲れで、暫くぶりの投稿。
今日、札幌の気温は5℃。
通常、この時期は5℃といえばマイナス5℃をさすのだが、今日は正真正銘のプラス5℃である。
しかも、季節はずれの「雨」
これから、道内各地で雪や氷のイベントがあるが、こんな気温が続くとどうなることやら?!
今月30日から2月15日までは「2009千歳 支笏湖氷濤(ひょうとう)まつり」が行なわれる。
支笏湖から汲み上げた水を凍らせて制作した大小の氷像が立ち並ぶ。
ぜひ成功させて欲しいものだ。
b0076972_128422.jpg

b0076972_129591.jpg

CANON PowerShot G9
by gandeji2 | 2009-01-23 12:10 | 北の旅

残念!! 幻の七条大滝。

国土地理院の地図にも記載が無いことから幻の滝といわれているが、最近で幻ではなくなり、大勢の人がアクセスするようになったが、冬道は決して楽な行程ではない。
b0076972_17123976.jpg


月末に写友を誘っているので下見に行ったが結氷の状態は悪く、残念。
今年は気温が高く、あまり期待できない。 月末の撮影会は中止としよう。
それでも、1度は訪ねてみたい方もおられよう。
決して楽な行程ではないので、カメラの装備は出来るだけ軽くされることをお奨めする。

重たい、デジイチはさけ、コンデジと杖代わりの1脚が良い。
1脚は雪に突き刺せばしっかりとカメラを支えることも出来る。

札幌から支笏湖に向うと国道276号線が喜茂別、大滝方面と室蘭、苫小牧方面に分岐する交差点がある。 地図
そこに、長距離ドライバーの休憩用駐車場があり、その向かいに滝への入り口、第一縦断林道の入り口がある。

b0076972_17143492.jpg

踏み跡もあり長靴で歩けるが、新雪のあとで軟らかく、夏の倍以上はかかる。
ここから滝までは片道、およそ40分はかかる。
b0076972_17173031.jpg

最初の分岐点。
と云っても直進は出来ない。踏み跡にしたがって進行すればよい。
b0076972_17202321.jpg

さらに進むとこの看板。
b0076972_1722093.jpg

ここを踏み跡にしたがって直ぐに右折し10分ほど進むと「苫小牧市水道局」の看板がある。
b0076972_172402.jpg

さぁ!!
ここからが「滝」への降り口。
かなりの急傾斜。所々に手すりもあるが、慎重に降りよう。
b0076972_1726316.jpg

下り坂の中ほどから「滝」が見え始める。
b0076972_17281836.jpg

ここは、夏には滝の裏側にも入れるが、この時期は足場が悪く危険。
やめて置こう。夏にはこの岩の上に「ダイモンジソウ」が咲いていた。
こちらをご覧下さい。
b0076972_17315247.jpg

下流の丸山川はやがて苫小牧市民の美味しい水道水の源流「勇払川」と合流する。
b0076972_17353888.jpg

すべて コンパクトデジカメ CANON Power Shot G9
by gandeji2 | 2009-01-18 17:41 |

雪原の弧樹と陰。

北海道 北広島市 輪厚 地図

久し振りの好天。しかし北よりの風が強く、冷たさが肌を刺す。
幸い、温泉が近い。
b0076972_10233472.jpg

↑CPLの効かせ過ぎ。過ぎたるは及ばざるが如し。
b0076972_10283014.jpg

SIGMA DC 17-70mm 2.8-4.5
by gandeji2 | 2009-01-17 10:32 | 北の冬

廃屋。

千歳市 キウス
数年前から気にはなっていた。この一家にどんな歴史があったのかと。
b0076972_9573942.jpg

地図
国指定遺跡 キウス周堤墓群に隣接している。
3,000年前の縄文時代後期の大規模な墓群を見ることが出来る貴重な遺跡。
千歳市の中心部から約9Km(R337)の地点。ただし、積雪期は見学は出来ない。

by gandeji2 | 2009-01-16 09:58 | 東千歳