北の風景   

<   2009年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

東尋坊

今回のたびの目的は、おっさんのルーツとされる大津周辺の三井寺と幼少時を過ごしたとされる石山寺ちかくの「湘南学園」を訪れることとわが家の宗旨の曹洞宗の総本山「永平寺」にお参りすること。
時間はあまりないが、能登まで来たついでに東尋坊に立ち寄ることにした。

「東尋坊」の謂れは、その昔、「女癖」の悪い「東尋坊」なる僧侶をこの崖から突き落として始末したことによるらしい。
テレビドラマにも自殺の名所としてたびたび登場するのでおなじみであろう。
危険な断崖であるのに、バリアーはなく、飛び込もうと思えばいつでも飛び込める。
高所に弱い「おっさん」は崖の端には近づけず、迫力のある写真は取れない・
「う~ん」残念。足の裏がむずむずするのである。
b0076972_10172356.jpg
b0076972_10174032.jpg
b0076972_10175985.jpg
b0076972_10183621.jpg

by gandeji2 | 2009-03-31 10:21 |

輪島朝市

河井町の路上、360mにわたって露天が250件は並ぶと言う。
次の目的地へ急ぐため、朝が早かったため、まだ準備中が多かった。
それでも、元気な女性の声飛び交っていた。

b0076972_10511564.jpg
b0076972_10522654.jpg
b0076972_1052599.jpg

b0076972_1056058.jpg

b0076972_1054215.jpg

by gandeji2 | 2009-03-30 10:58 |

御陣乗太鼓

御陣乗太鼓は石川県の重要無形文化財。
上杉謙信が能登を攻略した折、武器を持たない地元の漁民が郷土防衛の一念から樹の皮の仮面に海藻の頭髪を付けて太鼓を打ち鳴らし上杉軍に夜襲をかけたのが始まりとされる。
各地の太鼓に比べリズムと所作が醸し出す雰囲気は独特のものがある。
b0076972_1635739.jpg

b0076972_1636856.jpg

b0076972_16363550.jpg

b0076972_16365871.jpg

b0076972_1637202.jpg

b0076972_16374487.jpg
b0076972_1638929.jpg

by gandeji2 | 2009-03-28 16:40 |

新潟経由能登へ。

秋田から新潟までは高速道路がない。
日本海東北自動車道は北へは秋田から二ツ井までは開通しているが秋田から新潟の中条ICまでは国道7号線(羽州浜街道)を走るしかない。
1日の距離を出来るだけ稼ぎたいがこの夜は新潟泊まりとする。
市内のビジネスホテルで良いのだが、奥さんが温泉が良いという。
新潟では「瀬波温泉、月岡温泉」が知られているが「月岡」は帰途に予定している。
ネットを頼りに探したのは「咲花温泉」
阿賀野川を遡った安田IC近く。
雪を戴いた「飯豊山」が見事に見える意外に何もない湯治場の温泉。
この川のほとりに今夜の宿がある。

b0076972_1581823.jpg

翌朝は北陸自動車道、能登有料道路を乗り継いで「輪島」へ向う。
おっさんのお目当ては「白米の千枚田」であったが季節はずれでしかも改修工事中で満足のいく写真は撮れなかった。

b0076972_15143685.jpg

by gandeji2 | 2009-03-27 15:19 |

旅の始まり。

画像はクリックで大きくご覧いただけます(^_^)v
3月15日。走行距離2400Km 10日間の車での旅の始まり。
低気圧で大時化の海を秋田へ。
船に弱い「奥さん」は一睡も出来なかったようで、山形の酒田に着くまでほとんど眠っていた。
今日も日本海は大荒れ。

秋田県 にかほ市象潟海岸  鳥海山は雲に隠れていた。 
b0076972_1049075.jpg



酒田の歴史は東北一の豪農と言われた本間家の歴史でもある。
戦前までは、酒田市の半分は本間家の土地であったと言われている。
酒田山居(さんきょ)倉庫は明治の半ばに米の保管のために酒田米国取引所の倉庫として建てられらものが現在も12棟が現役として使われている。
ケヤキ並木に並ぶ倉庫の風景はあまりにも有名だが、ほとんどの観光客は物産店での買い物に夢中で、この並木にカメラを向ける人は誰もいなかった。
b0076972_1134968.jpg


鶴岡市温海温泉
ここは温泉もある小さな漁業中心の集落だが、山形の名物でもある「赤カブ漬」でも知られている。
波はまだおさまらない。
b0076972_1174675.jpg

by gandeji2 | 2009-03-25 11:14 |

未だ冬期休業中。

今日、これから明日にかけ、北海道は大荒れらしい。
今夕、苫小牧からフェリーで秋田へ渡るがかなりの時化を覚悟しなければならない。
何しろ6mの波だと言う。

そんな訳で、札幌へ戻るの月末の予定。
皆様の所にはお邪魔できなくなりますのであしからず。

↓は公園内の冬期休業中のジンギスカンレストラン。
営業は4月から。
b0076972_10294358.jpg

by gandeji2 | 2009-03-14 10:31 | 北の冬

記念塔の夕景

まだ雪は深く、スノーシューを履いて行きましたが、「エゾヤマザクラ」の蕾が少し膨らんでいました。
b0076972_8481790.jpg

野幌森林公園内 北海道開拓100年記念塔
by gandeji2 | 2009-03-10 08:49 | 日没

カワガラス

↓のアシリベツ川に沿う路は「カワガラスの道」とも云われ、歩くスキーやスノーシューでの散策コースでもある。
カワガラスは色も黒く、動きも素早いのでカメラには収め難い。
過去記事にもアップしたが再度ご覧頂こう。
b0076972_10262377.jpg

by gandeji2 | 2009-03-07 10:26 | 鳥達

三寒四温

まだ、雪は多いが、確実に冬は峠を越したようだ。
b0076972_10595098.jpg

b0076972_111319.jpg

空沼岳を源流とする厚別川(アシリベツ川)
by gandeji2 | 2009-03-06 11:02 | 北の冬

アシリベツの滝

やはり、暖冬なのでしょうね。
例年に比べると結氷状態が良くありません。例年は滝の全面が「つらら」になるのですが。
きっと、春の訪れも早いのでしょうね。
参考までに1年前のアシリベツの滝をこちらでご覧いただけます。
b0076972_9424228.jpg

b0076972_9431756.jpg

b0076972_9434849.jpg

札幌市南区 国営 滝野スズラン丘陵公園 アシリベツの滝

続きはこちらをご覧下さい
by gandeji2 | 2009-03-05 09:48 |