北の風景   

<   2010年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ちょっとイタズラ!!

画像はクリックで大きくご覧いただけます。
明日から3月とは云え、北国では春はもうちょっと先になる。
三寒四温。まだ何回かの雪に見舞われるだろう。

知床や美瑛に行けばともかく、札幌近郊の道央圏ではこの時期被写体は多くはない。

そんな訳で、窓べのアザレアで遊んでみた。
カメラはコンデジ。  じーいちいち(G11)。
リップクリームを塗ったプロテクトフィルターをレンズにあてがって撮った。
b0076972_17175134.jpg

b0076972_171952.jpg

b0076972_17194884.jpg

CANON  PowerShot G11
by gandeji2 | 2010-02-28 17:23 | その他

庭をおとずれるお客様。

画像はクリックで大きくご覧いただけます。
このところ好天が続くが雪景色を撮る気にはなれない。

わが家のお客様を紹介しましょう。
b0076972_11213976.jpg
b0076972_11214837.jpg

by gandeji2 | 2010-02-27 11:23 | 鳥達

窓辺の花。

画像はクリックで大きくご覧いただけます。
三寒四温。この二、三日は最高気温もプラスとなり、雪解けもずいぶん進んだ。
でもまだ油断はならない。3月の大雪はよくあることだ。

スプリンブ、エフェメラル・・・”春の妖精達・・に会えるのはまだ当分先のこと。
この時期は、北国の窓辺を飾る「鉢花」も少ない。
そんな中で最近では余り人気のないアザレアが貴重な存在でもある。
リビングの窓辺には50鉢以上のアザレアが咲く。わが家の「おくさん」の道楽である。

「写真」はその字のごとく「真実を写す」手段でもあるが、アートとして現実を超えた一瞬を創る手段でもある。
下はそのアザレアをSILKYPIX のスイートライトブルーと言うテイストで現像した。
自作の「リングボケフィルター」を使っている。
b0076972_10563626.jpg


ちなみに原画はこちらです。
by gandeji2 | 2010-02-26 10:58

滝が溶け始めました。

画像はクリックで大きくご覧いただけます。
このところ、日中の気温がプラスとなる。だが、まだ油断は出来ない。

b0076972_1010589.jpg
b0076972_1011783.jpg
b0076972_10111643.jpg
b0076972_10112763.jpg
b0076972_10113755.jpg

春が近づくと気持ちが緩む。 こんなことも珍しくはない。
前方の車がシャーベット状の雪に車輪を取られ、横転。 フロントガラス越に。
b0076972_10114641.jpg

by gandeji2 | 2010-02-25 10:18 |

春の気配を感じます。

画像はクリックで大きくご覧いただけます。
東丘 社台ファーム スクールバス 停留場。
b0076972_913862.jpg

by gandeji2 | 2010-02-24 09:13 | 東千歳

定点観測 パレットの丘

画像はクリックで大きくご覧いただけます。
久しぶりの好天。
まもなく、融雪剤を散布するスノーモービルが走り回り幾何学的な模様を描くだろう。

b0076972_1045960.jpg

↑ CPLフルターは使っていない。
SILKYPIX Developer Studio Pro の設定は
ティスト  風景
露出    +1/3 補正
WB    昼光(晴れ)
調子    やや硬調
カラー   フィルム調V1
ファインコントローラーで「青空強調」を設定した。
↓ 参考までに原画も掲載致します
b0076972_1051062.jpg

by gandeji2 | 2010-02-23 10:53 | 東千歳

雪原のシンボル。

画像はクリックで大きくご覧いただけます。
パレットの丘の片桐農園のシンボルの木。

近頃、流行りの画像処理にHDRなるものがある。
本来なら、白飛び、黒つぶれしてしまう画像を1枚に納める技法である。
露出の異なる3枚の画像を使って1枚に仕上げるのが本来の技法。
ローカルコントラストが強く、シュールレアリズムの絵画に似た画造りが出来るのだが、なにせソフトが高価である。
SILKYPIXの「覆い焼き」と「ガンマ」を使って似たような絵を作ってみた。
①原画
b0076972_10363080.jpg

②擬似HDR
b0076972_1037318.jpg

by gandeji2 | 2010-02-22 10:39 | 東千歳

狙いを定めて・・・シメ しめ

画像はクリックで大きくご覧いただけます。
いえ、この鳥の名前が「シメ」なのです。

とても用心深いのですが、とっても大胆でもあります。
安全を確認するまで十分に時間をかけます。
しかし、意を決してエサ場に降りてくると、わが物顔でエサ場を占拠します。
デンと構えて居座り、おいそれとは帰りません。
わが家のエサ場に来る小鳥達の中でもなんとも独特の存在感を持っていますよ。
b0076972_948554.jpg
b0076972_949553.jpg
b0076972_9491280.jpg

スズメ目アトリ科
全長 20㎝
APO170ー500mm
窓越しに ノートリです。

データーはExifReaderでご覧下さい。
by gandeji2 | 2010-02-21 09:50 | 鳥達

赤い熊が雪原を走る。

画像はクリックで大きくご覧いただけます。

通称をRed Bear。DF200.

JR北海道貨物の専用車である。北海道以外ではお目にかかれない。
「鉄ちゃん」にはおなじみの「DD51」の後釜として開発された。
営業運転の開始は1993年だが、いわゆる「ハイブリット」エンジンなのだ。
エンジンで発電しモーターで駆動する。
開発当初はエンジンはメルセーデスベンツ、車体は三菱重工、電気系統は東芝と言う画期的な機関車である。
2,000年以降(50番以上)は経費節減でエンジンは「コマツ」に変わった。
(写真は58番)
b0076972_928044.jpg

室蘭本線 千歳市 東丘踏切で
by gandeji2 | 2010-02-20 09:29 | 東千歳

雪原の幻日

画像はクリックで大きくご覧いただけます。

秋には稲穂が黄金色に輝く由仁町古山の水田地帯。
この日「幻日」を見る。

b0076972_12372160.jpg

b0076972_12374342.jpg

by gandeji2 | 2010-02-19 12:39