北の風景   

<   2011年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「屁」をする木?!

「北国の春」は昭和の名歌と云っても良いでしょう。
その中で歌われるコブシの花はその昔「迎春花」とも云われたそうですが、何故か「アイヌ」の人達は「屁をする木」と言ったのだそうです。
いえ、アイヌの人達にもコブシは甘い良い香りがしていたのです。
でも「良い香り」と言うとその香りに誘われて「病魔」が近づいて来るかもしれません。
ですから、魔除けの願いを込めて「オマウクシニ」(放屁する木)と名付けたと云います。
北海道新聞を参考に。
b0076972_16551041.jpg

b0076972_16552236.jpg

CANON EOS  Kiss X4
TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 MACRO

札幌市豊平区 平岡樹芸センター
by gandeji2 | 2011-04-30 16:57 | 平岡樹芸センター

Encounter with Flower

しばらくぶりの投稿。

院内で3度も気胸を起こしたからか、病院側も慎重になりなかなか退院の許可が出なかったが、連休を控えて26日に退院した。
病院からは、ライフスタイルは人並みで良いが、走らないこと、急な上り坂や階段は避けること。
重い機材を持っての「撮り出」は控えること。
はたまた、排便を踏ん張らないこと、70過ぎの老人であることを忘れないことを言い渡された。
     
そんな訳でしばらくは”じーいちいち”(G11)とKiss X4に100L IS で近くの公園で「花撮り専科」になりそう。

幸い、札幌には1年中花に触られるくつろげる公園がいたる所にある。
そこでしばらくはEncounter with Floowerで行こう。

姫一華(ヒメイチゲ)
好きな花のひとつである。
b0076972_14275111.jpg

by gandeji2 | 2011-04-29 14:22 | 野の花

それでも原発は。

昨日の統一地方選の後半戦。
北海道 泊原子力発電所の周辺の町村 泊、神恵内、岩内では「原発との共存」を訴えた候補が当選。
神恵内では反原発を唱える候補さえいなかった。
自身は賛否を申し上げる立場ではないが、少子高齢化と過疎の前に交付金の魔力は強かったということでしょうか。


写真と本文は関係有りません
西積丹の落日

b0076972_9355414.jpg

by gandeji2 | 2011-04-25 09:37 | その他

亜麻色の髪ってどんな色?

亜麻の花ってこんな色。
辞書を調べると「亜麻色」は亜麻の線維を乾燥した時の色とある。
黄色味を帯びた茶色だそうだ。 色コードは#d6c6af

ここは札幌の中心、大通り公園から30Kmの石狩郡当別町。
明治の初期、宮城県の伊達藩の氏族が大勢移住した所。

「亜麻」の栽培は蝦夷地の殖産として榎本武揚だ導入したと云う。

「亜麻」は「麻」とちがい、通気性や吸湿性に優れ、肌ざわりが良いため、高級な衣料に用いられたが昭和40年の後半に化学線維の台頭でほとんど姿を消した。

各地の「麻生」の地名は「製麻工場」の名残でもある。
b0076972_12261497.jpg
b0076972_1229980.jpgb0076972_12334516.jpgb0076972_12354426.jpgb0076972_12363864.jpg
2008.07.03 当別町

島谷ひとみ 亜麻色の髪の乙女
作詞 橋本 淳
作曲 すぎやまこういち
by gandeji2 | 2011-04-23 12:48 | 野の花

春はスミレから。

春を愛する人は 心清き人
 スミレの花のような 僕の友だち・・・

 懐かしいでしょう。
 四季の歌は春のスミレから始まります。

b0076972_1532110.jpg

b0076972_15321368.jpg

2010.05.20


A violet by a mossy stone            苔むす岩の かたわらに                   

 Half hidden from the eye!             人目を避けるかのように 咲くスミレ一つ 
                  
 Fair as a star, when only one           空に たった一つ光り輝く 星のような         

 Is shining in the sky                 その美しさを 湛えて 

By William Wordsworth

                      
                  



by gandeji2 | 2011-04-22 15:37 | 野の花

つくしが出たよ。 いえ 去年のつくしです。

もう、雪のすっかり解けた土手には「つくし」も出ているかな?
でも、退院は月末になりそう。
「つくし」に挨拶は出来そうにもない。そこで、去年の「つくし」に登場してもらいました。

つくしが出たよ もう春だ
青いお空がひかってる
おーい おーい よんでいる

つくしが出たよ もう春だ
くろい畑も光ってる
おーい おーい よんでいる

b0076972_18533521.jpg

2010.05.06
by gandeji2 | 2011-04-21 18:56 | 野の花

フクジュソウはパラボラアンテナ

フクジュソウはパラボラアンテナ

太陽を追いかけ、花芯に熱を集めます

花の温度があがり、虫が集まります

集まった虫の体を温めると活発にうごきます。

そうして、受粉の手伝いをしてもらっています。

なんて、かしこい花なんでしょう
b0076972_14191953.jpg

2010.04.05
by gandeji2 | 2011-04-20 14:22 | 野の花

再び「泊村」から

↓の3月26日の投稿は春先の写真。今日のは真夏のイカ漁の漁火。

北海道では「イカ漁」を「イカ付け」と云う。
「釣る」のではなくイカが擬餌針に付くことからと云われている。

積丹半島の西側の付け根。
古宇郡泊村。ご存知の北海道電力泊発電所のある村。
人口は1,945人(2,010年12月31日)
発電所からの固定資産税と国の電源開発交付によって北海道の町村では唯一、地方交付税を受け取っていない不交付団体である。

ここの景色が好きで年に何回かは訪れる。
この時期には青森や宮城の漁船もここで操業する。今年の夏はどうなるであろうか?
b0076972_8361336.jpg


おまけ
by gandeji2 | 2011-04-19 08:41 | 北の旅

マグロはそんなに獲れない。

ともにマグロ漁を競いあう。函館市戸井漁港と原発の建設が進められる青森の大間漁港は津軽海峡を挟んでも僅かに23Km。
観光地の函館朝市や西部地区は30Km圏内。

その「大間」で原発工事が進む。(現在は資材不足を理由に中断中)
MOX燃料を使う世界初の商業原子炉。プルトニュームの怖さは十分に知った筈。
それでも「建設反対」の声は大きくはないという。
原発マネーに頼らざるをえない町の財政がある。マグロはそんなに獲れるものではない。
b0076972_1415597.jpg

b0076972_14161914.jpg

画像と本文は関係はありません。
by gandeji2 | 2011-04-17 14:21 | その他

北帰行

さぁ  行くぞ!!
b0076972_20223694.jpg

b0076972_20225046.jpg
 
b0076972_2023982.jpg

2010,4 長都沼で
by gandeji2 | 2011-04-16 20:25 | 東千歳