北の風景   

キレンジャク

このところ、わが家のエサ台はヒヨドリ、ツグミ、レンジャクで先陣争いが続いている。
b0076972_11144026.jpg

気の弱いツグミはヒヨドリの留守を狙ってやってくる。
b0076972_1115914.jpg

b0076972_1115346.jpg

レンジャクの大群が押し寄せたのは昨年は4月の半ばであったが、今年は街路樹のナナカマドの実が終わったのか、やたらと早い。
 本州ではソメイヨシノの便りも聞こえるが、札幌は今朝も吹雪模様。
今朝は1番にシジュウガラがヒマワリを運びに来た。
b0076972_1122151.jpg

その後は、キレンジャクがエサ台を占拠している。
本来は群れで行動するこの鳥が、今朝は1羽で行動している。
但し、同じ個体かどうかは定かではない
b0076972_11245814.jpg

ヒレンジャクもキレンジャクも一夫一妻だそうだが群なかでパートナーを間違えないものだと感心する。
b0076972_11273142.jpg

キレンジャクは旭川市のシンボル鳥である。
東北や北海道ではキレンジャクが多く、関東以南ではヒレンジャクガ多いそうだが、わが家のエサ台には両方とも姿を現す。但し、やっぱりキレンジャクのほうが多い。
b0076972_1133179.jpg

4月の末には繁殖のため、シベリアに帰るようだが、それまでは楽しませてくれそうだ。
b0076972_1138813.jpg

ただ、「ヒ」モ「キ」も神経質で気まぐれな鳥。
古いリンゴは見向きもしない。
鳥たちの健康のためにも、エサ台の清掃や管理はかかせない。
by gandeji2 | 2007-03-18 11:44 | 鳥達