北の風景   

桜情報 札幌 藻岩山麓道

藻岩山ロープウエー乗り場から伏見、宮の森を抜けて北1条通りに抜ける山沿いの道を通称「藻岩山麓道」と言う。

札幌の高級住宅が密集する地域でもある。


この辺りにも「ご近所桜」が天晴れにも頑張っている。
中でもご存知、藻岩山ロープウエー乗り場周辺はエゾヤマザクラが並木をなし、市民の憩いの場でもある。
ロープウエー乗り場の桜
b0076972_1312813.jpg


この辺り一帯が伏見と呼ばれるのは、京都の伏見稲荷神社の名前から来ている。
 藻岩山麓通は名前の通り藻岩の山裾を通り円山と神社山の間を抜けて宮の森に通じる。この通の伏見2丁目にこの神社が建っていて、藻岩山を背に、南側に広がる札幌市に向かっている。近くには藻岩浄水場や水道記念館がある。神社の入り口は赤い鳥居が目に付くのですぐ分かる。
b0076972_1317816.jpg

b0076972_13174219.jpg


高台を走る藻岩山麓(さんろく)通沿いに、おしゃれな飲食店が登場し始めたのは7、8年ほど前
のこと。中でも伏見稲荷神社の周辺には、個性的な飲食店が集中し、一度ゆっくり散策されると良い。


社殿の前にもかなり大きな桜がある。
b0076972_1319591.jpg


社殿までの鳥居の両側にはエゾエンゴサクが群生している。
b0076972_13261668.jpg

by gandeji2 | 2007-05-13 13:26 | 野の花